マイソールってどんなとこ?

ただいま!!

インドのマイソールから2月28日に戻ってまいりました。
本当に素晴らしかった。色々なものが鮮明に見えた。。。

私は今回始めてのインドでした。
マイソールの様子は行って来た人から色々と情報はあって、私なりに想像して行ったのですが、、、、私にとってはやはり聖地です。

マイソールのゴクラムというところにパタビジョイス師のシャーラAYRIはあります。ゴクラムは日本でいうところの田園調布みたいなとこかな?比較的裕福な家が立ち並んでます。
なので、泊る家も綺麗なところが多いです。インドってことで心配していったのですが、私はまったく問題なかったです。私はグルジの歯医者さんの家にお世話になってました。私ともう1人日本人の女の子が住んでました。
シャーラまでは歩いて1分ですかねー。。。とても楽でした。
一ヶ月の家賃は3000〜6000ルピーが相場でした。4000ルピーで一万円くらいです。

周りも非常に安全で女の子1人で夜歩いてても平気でした。
人もみな親切です。
ただ、一気にヨガブームで外国人が増えたため、チップの習性がなかったのに、チップを要求する人が出て来たり、外国人値段でふっかけるとこが、だんだんと増えて来たそうです。


ヨガは朝5:00〜始まり初めのうちは遅い時間帯(シャラスに指事されます)だいたい7:00くらいにくるように言われ、長くいると早く来るように、また指事されます。なので、長くいる人は5時くらいから練習します。

自分のできるアサナまでやり、できないところが来たら、マットを持って着替え室に行き、フィニッシングから自分でやりシャバーサナをします。プライマリーを最後までできた人はウールヴァダヌラーサナ(バックベンド)に入ります。ここまで来ると、バックベンドのアジャストに来てくれます。終ったら、やっぱりマットを持って着替え室で自分で、フィニッシング。
一人いなくなると「NEXT CAME!!」と言われそこに入ります。

アサナを貰えれば、セカンド、サード、、、、と進んで行く人もいます。
ただ、一ヶ月以上シャーラで練習しないと、プライマリーより先、つまりセカンドのアサナは貰えません。なので、5時くらいに練習してる人は長くシャーラで練習してる人達なので、摩訶不思議なアサナをやってる人がたくさんいます(笑)


こうして、朝の練習が終ると、大体シャーラの前で売っているココナッツを飲んで、幸せをかみしめます。。。ふふふ。私は門番のおじさんと仲良しだったので、いつもシャーラの門の前に腰掛けてココナッツを飲んでました。私はこのあと大体チャイを飲みに行ってました。

朝ヨガが終れば他にやることといったら、洗濯くらいです。洗濯機はないうちがほとんどなので、手荒い。結構疲れる。。。。
あとは、大体昼寝してる人が多いと思います。
私もココナッツ→チャイ→シャワー→洗濯→昼寝→ランチみたいな日が多かったです。

じゃー、それ以外は何やってるの?ってことになると思います。
ヨガをやってエネルギーがアップし、日常から離れて、ストレスのない状態で、有り余る時間をどう過ごすか、、、、。以外とここは分かれ道なのかもしれません。

色々楽しいことはありますよ。
*ホテルでプール
*アーユルヴェーダマッサージ講座(ハードなのでみんな倒れてヨガの練習休んでました)
*インド料理教室
*サンスクリット語講座
*インド舞踊
*タブラ教室
*買い物
*観光
*マントラの集い
*パーティー、、、、、、などなど

とにかくパーティーは毎日のようにやってますね。。。新月、満月の前日パーティーはどっかで必ずやってます(練習が休みになるので)誰かが来た!帰ると言ってはパーティーやってますね。
そして、だんだんそっちに比重が向いて行って、体調を崩したり、練習どころではなくなってきます。でも、そこに巻き込まれている人は自分がそうなってることに気づかないように思えます。長くいればだんだんそれも落着いてくるみたいですけど、、、。

外に目を向ければ大事なものを見のがします。
マイソールはとても素晴らしいエネルギーを持っている。そこで、自分自身にフォーカスをし、練習すれば掛替えのない宝を手にすることができるでしょう。
それを味わうために大切なのは、マイソールでの練習ではなく、日々の練習です。
それが、インドのマーヤ(イリュージョン)に入り込まないためにできることです。
私は多くの人があの素晴らしい場所を訪れて欲しいと願います。
誰でも行くことができます。アサナが進んでるかではなく、ヨガの道を真剣に確実に進んでいる人でしたら、是非訪れて欲しい。

どう味わうかは本人次第です。
[PR]

by prema8ryn | 2005-03-07 14:42 | インド マイソール

<< インドでヨガ  〜その1〜 yogiへの道 〜その3今にフ... >>