インドでヨガ  〜その1〜

<インド到着>
インドのバンガロールに夜中に到着!
ここからヨガのシャーラがあるゴクラムまでは、タクシーでいきました。私の日本でのヨガの師であるケンさんがインドにいたので、手配をしてくれていた。
でも、、、、私の写真をタクシーの人に渡したらしく、空港で私の写真をかかげたおっさんが待ち構えていて、非常に恥ずかしかった、、、、。(たしかにわかりやすかったけど、、、)

だいたい3時間か4時間くらいだったと思う。車に揺られゴクラムにある、ケンさん邸へ。朝の3時すぎくらいに到着。朝早いので、ケンさんの家にお世話になった。すで朝の練習の用意で起きていたケンさん達に迎えられた。一緒に行った私の旅の同志2人とここで仮眠を取らせてもらった。(2人はお部屋、、、、何故か私は居間の床に寝かせられた)

練習から戻った先生達にチャイスタンドに連れて行ってもらい、「あ〜、、、、本当にインドなんだ〜」と実感した。ここのチャイスタンドは私が毎日のように通うようになった、お気に入りの場所となった(インドのスタバと呼んでいた)
すでにこっちでヨガの練習をしていた友人に部屋を探してもらっていたので、コンタクトをとり、私はグルジの歯医者さんのお家にお世話になることになり、ケンさんの家から引っ越しをした。一緒に来た二人も一軒家をかりることができた。
午後にはシャーラに行きグルジ&シャラスに体面し、いよいよ明日から練習ができることとなった。

<練習初日>
朝、7時前に到着、、、ちょっと緊張。でも、ヨガの練習に対する不安はまったくなかった。私は日本での自分の練習を信じていた。私が行った時期は人が溢れていたときだったので、たくさんの人が順番待ちをしていた。
マットの間は5cmくらい、、、、人がひしめきあってる、、、、すごい熱気!!
私はここで練習できることが嬉しくてたまらなかった。
私の番になり、マットをかかえ空いた場所に入り練習を始めた。熱気のせいか非常に呼吸が苦しく感じた。汗がなだれ落ちた。シャラスが来て、色々細かい指事をしてくれたが、よく聞き取れずポカンとしてたら、笑われた、、、。その日は、ガルバピンダーサナで止められた。肘まで入れて腕を折って顔まで持ってこなければダメらしい、、、。
私はもっと前で止められると思っていたので、ここまで進めて嬉しかった。
とにかく、この場所にこれたってことが幸せでたまらなかった。
ヨガの練習のあとはみんなでココナッツを飲んだ。
あ〜〜〜〜〜〜〜幸せ〜♪

<LED CLASS>
次の日はレッドクラスだった。シャラスのカウントは長かった、、、。インドではレッドでもアサナを止められます。昨日、ガルバピンダで止められたので、そこでシャラスがまたやってきた。(この方は本当にその人がどこまで進んでるか覚えている)今度は肘まで入れた(無理矢理)なんとか止められず、最後までやらせてくれた。2日目で最後までできるなんて、なんてラッキーと思いました。でも、、、無理矢理つっこんだ腕には物凄い痣ができていた(笑)

インドのエネルギーはスゴイ!!身体も心も生き生きしてる!!

日曜のレッドクラスもウキウキしながら、楽しんだ!!
次のクラスもドアのとこで見学していた。
終った時、突然シャラスに呼び出された!?「YOU!! COME!!! YOU!!!」
ちぢみあがった〜。ひ〜〜〜〜〜!!
そしたら、アサナを誉めてくれた。。。が、、、、それは前置きで、タンクトップの絵が逆だったのを指摘したかっただけだったようだ、、、、、。
シャラスはジョークが好き。グルジファミリーはみんな気さくな方達です。

ここでヨガができるだけで幸せだった。。。。ヨガだけで満足だった。。。。。

ところが、次の週からヨガだけではいられなくなってしまった。
本当に、不思議な縁で色んな人々と繋がっていくことになる、、、、。
[PR]

by prema8ryn | 2005-03-18 11:18 | インド マイソール

<< yogiへの道 〜 その4 愛... マイソールってどんなとこ? >>