<   2006年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

チケット販売中!!

 
『月夜の宴』 『チャンドラナーダ』のチケット絶賛発売中!!

当日ですとちょっと高くなるので、当日までに私に会う方は私にお声おかけ下さい。
また、メールでもご予約いただけます。
前日までにご予約メールをいただければ、前売りの値段で購入できます。

「月夜の宴」http://www.fusible.org/utage/
「チャンドラナーダ」http://www.dakinirecords.com/Keiku/Link_event/ChandraNada_060624.html

『月夜の宴』は持ち込み自由です。
飲み物(アルコールも可)、食べ物ご持参いただいても結構です。
だたし、くれぐれもゴミはお持ち帰り下さい。

<出店もありま〜〜〜〜す!!>
月夜の宴オリジナルオーガニックお香の販売 @蓮華香房
http://rengekoubo.exblog.jp/

アジアン雑貨&チャイ&インディアンスイーツの販売@アジアハンター
http://www.asiahunter.com/

インド雑貨、アクセサリー、服@PRIYABRATA
[PR]

by prema8ryn | 2006-05-26 15:11 | イベント

大崎クラス


大崎クラス  月曜 19:00〜
次の月曜(5/29)は五週目になるのでクラスはお休みです。

お間違えないようにお願いします。 
         
                                                             麻矢 鈴
[PR]

by prema8ryn | 2006-05-26 15:00 | ヨガクラスのお知らせ

怒り


怒ってしまった後、、、、心が焼けたように痛む。
以前はこれほどまでに感じなかった痛みが、今はダイレクトに返って来る。

そんな時は誰も寄せ付けたくない。
怯えた子供が出て来る。
傷つきたくないから、相手と壁を作る。
でも、もうそんなことはしたくない。
強い人になりたい。

より繊細に敏感に心と体がキャッチする。
ボディ チッタ、、、 開いたハート

人間だから感情をなくすことはできない。
色々な事を感じるから成長がある。
だから、怒りも無駄なことではないと思う。

表面だけみていると、笑っている人は楽しいとか怒っている人より泣いている人の方がかわいそうとか、そういうふうにしかとらえられない。

肝心なのは内側だと感じる。
表面に出て来た感情の根本となるもの。
そこが神聖であり愛から生じたものであるならば、最後には良いエネルギーが溢れる。

しかし、根本が素晴らしく良き思いから来たものでも、そこから色々なものがくっつきシンプルでなくなる。まわりに煩悩がまとわりつく。
神聖なエネルギーをねじ曲げる。

怒りは負のエネルギー。
負のエネルギーは、まったく関係のない人間すらも巻き込む。
これは良くない行いだと思った。
怒りを発散し終わってしまうのではなく、自分自身の怒りに立ち向かわなければならない。
人に向けるのではなく、自分の怒りをコントロールし、手綱を取らなければならない。
人間だもの。怒るのは当たり前、、、だからといってそれでいいや〜ってなってはダメだと思った。

怒りのエネルギーで自分自身の煩悩を焼き尽くせ!!!
そこには愛が残ると信じてる。

自分自身のために怒りに立ち向かいたいと思った。
また怒るだろうけど、、、、こんなに心が焼けつく思いは辛い。
感情は素晴らしい、、、進むべき道を教えてくれる。

怒りを押さえ込むのではなく
怒りを見ないようにするのではなく
怒りを外へ向けるのではなく

根本を見つめ、心の炎を鎮める。
時に非常に難しい、、、、その助けとなるのは毎日の練習であり、ヨガの哲学であると思う。
[PR]

by prema8ryn | 2006-05-21 11:06 | yogiヘの道

怒っちゃだめ??


怒ると疲れるよね、、、。
すごいパワー。
でも、時に愛から来る怒りがあると思う。

その人の成長を願ったり、、、
自分の愛するものを踏みにじられた時、、、
親が子に対して向ける思い、、、

究極的にはそれもすべて執着やエゴなのかもしれない。
でも、私は人間として生まれてきた、、、煩悩に塗れた人間である。


ヨガをやってるからといって、今大都会東京(笑、、、変な言い回しや〜)で生きてる。
色んな人と関わって生きてる。
だからこそ果たすべき責任がある。
その責任が果たせないのならば、そういう立場に立たないで欲しい。
それにより、多くの人を傷つける。
相手を思いやる心を欠いて何がヨガであろう、、、、。

影響を及ぼす立場にいるのならば、返って来るカルマも大きい。

悪気がなければそれで良いのだろうか、、、、無智がなせる行いだとしても、、、、無智である自分に気づこうとしないのは、傲慢さと怠惰な心がさせているのではないだろうか。

私は無智に対して寛容な心が持てない、、、、、慈悲の心が持てない、、、、菩薩の心が持てない、、、、。そういう私も無智なのであろうと感じる。


怒りが私に何かを伝えてくれてるのだろうか。
本当に何に怒っているのだろう、、、、。
すべては自分の中に答えはある。

明日も練習じゃ!!
[PR]

by prema8ryn | 2006-05-16 20:53 | yogiヘの道

インド舞踊と歌とタイコ

おすすめWS♪

私の友達であり、敬愛するシンガー慶九の歌声とフレームドラム協会主催のはるひさん、そしてインド舞踊、すべてが楽しめちゃう〜〜〜〜お得なWS!!
ス テ キ♪

さらに、私が受付です!
来るとまやりんに会えます(笑)

(以下コピペ)
インド古典声楽家のKeiku姫、
カタックダンサーのMiyabiさんとご一緒に、
スペシャルワークショップをします。
今回は特に女性のためのワークショップ!
(もちろん男性も参加出来ますけど・・・)
ぜひぜひいらして下さいませ〜〜

『フレームドラム&ボイス&インド宮廷舞踊のワークショップ』


メソポタミアの時代からギリシャや地中海で
女性によって受け継がれてきたフレームドラム。
時代を超えて受け継がれている悠久の太鼓の鼓動を奏で
古くより沖縄に伝わる琉球民謡『月ぬ美しゃ』を歌い
美しい所作で知られるインド宮廷舞踊のトゥムリ・スタイルで表現します。

女性によって受け継がれてきた文化を情感たっぷりに艶やかに
五感を用いて表現していきます。
さらに魅力アップした自分自身に出会えることを願って月に祈りを捧げましょう。

都内有数の響きの良い空間「石響」で、
メソポタミアと日本とインドが溶け合う幻想的な一時。
一粒で三度美味しいワークショップです。
皆様のお越しをお待ちしております。


フレームドラム&ボイス&ダンスのワークショップ

日時 2006年5月20日 15〜17時
講師 谷口はるひ(フレームドラム)
    Keiku(ボイス)
    Miyabi(ダンス)
受講料3500円
予約 mail@framedrum-japan.org

第2部のコンサートと同時にお申し込みをされる方には軽食とドリンクがつきます♪
お早めにお申し込みくださいませ。
神秘の楽器:フレームドラムについては日本フレームドラム協会までお問い合わせ下さい。
http://framedrum-japan.org/
[PR]

by prema8ryn | 2006-05-16 12:25

ライブのお知らせ♪

『月夜の宴 第八章 〜雫〜』

私が主催するイベント「月夜の宴」が開催されます。
インドから戻り最初の舞となります。
詩の朗読と舞のコラボレーション。。。私の世界に遊びに来て下さい。
インド舞踊(カタックダンス)やインドのタイコ、タブラ奏者が3人が織りなす"トリプルタブラ"!!
お馴染みのメンバーWAKAKOさんの重力を感じさせないダンス、慶九さんの神聖な歌声、立岩氏の心に響くパーカッション!!

私が一番楽しみにこの宴を待っています。
是非、みなさんもいらして、一緒に楽しみましょう♪

'06.06.10(Sat.)
18:30open/19:15start ¥3,000(当日¥3,500)
@ミュージアム東京(荻窪)
http://www.museumtokyo.com/new/museum/

●DANCER●
麻矢 鈴 (Shamanic Dance)
WAKAKO(Contemporary Dance)
前田あつこ(Kathak Dance)

●MUSICIAN●
立岩潤三(Percussion)
慶九  (Vocal)
fuji (Saz)
maya(Tabla & Harmonium)
西蔵  (Tabla & FlameDrum)

●VOICE●
美音子

●STAGE A STORE●
蓮華香房(オリジナルお香)
PRIYABRATA(エスニック衣料・雑貨)


前売りのご予約・お問い合わせ
tukiyonoutage_ryn@yahoo.co.jp
件名に「月夜の宴」と書いて下さい。

月夜の宴
http://www.fusible.org/utage/

b0068246_10253579.jpg
b0068246_1026546.jpg

[PR]

by prema8ryn | 2006-05-02 10:26 | イベント

代行のお知らせ


本日5/1の大崎のクラスは代行になります。


5/11 14:30〜も結婚式のため代行です。
5/14も代行になる予定ですがまだ未定です。
[PR]

by prema8ryn | 2006-05-01 11:45 | ヨガクラスのお知らせ