お祝いの会


明日(4・24)「結婚パーティー」にご参加する方へ

こちらにも掲載しておきます。
小さいお店なのでご予約を頂いている方へのお知らせとなります。
また、遅れてなら来られると連絡を頂いている方は、遅くなるようであればいらっしゃる前に連絡を下さい。

楽しみにしています016.gif

日時 4月24日 19:20 白山駅A2出口集合
お店は19:30から予約しておきます。
間に合わない方や本馬込駅から来る方は以下の住所と地図を参考にして下さい。わからない方はお電話下さい。

住所:〒113-0021 東京都文京区本駒込1-3-18 03(3813)8625
アクセス:都営三田線 白山駅 徒歩1分;メトロ南北線 本駒込駅 徒歩3分

地図:http://maps.google.co.jp/maps?q=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E6%96%87%E4%BA%AC%E5%8C%BA%E6%9C%AC%E9%A7%92%E8%BE%BC1%EF%BC%8D3%EF%BC%8D18
[PR]

# by prema8ryn | 2009-04-23 23:13

マイソールクラス


今日(4月23日)から16:30のフルプライマリーが16:00マイソールクラスに変更になります。

マイソールスタイルクラスが始めての方もお気軽にご参加下さい012.gif
[PR]

# by prema8ryn | 2009-04-23 07:42 | ヨガクラスのお知らせ

満月


今日は満月です!

昨日は満月パワーで部屋の模様替えをしました。


今日のクラスのフルプライマリークラスは、「サランバサルバンガーサナ」肩立ちをやる予定です。
[PR]

# by prema8ryn | 2009-04-09 08:17 | ヨガクラスのお知らせ

お花見@新宿御苑


先日の土曜日にヨガの仲間たちとお花見をしました。
新宿御苑の桜を見るのは初めてでした。

御苑は入場料がかかります。
そのチケットを買うのにものすごい列!!
びっくりしました。

その列にげんなりしましたが、中に入ると満開の桜に癒されました。
人でいっぱいでしたけど、上を見上げれば艶やかな桜。
外でご飯は気持ちがよかったです♪

b0068246_22505451.jpg
b0068246_2251491.jpg

[PR]

# by prema8ryn | 2009-04-06 22:51

ママのためにアシュタンガヨガ

ヨガやっている人は知ってる方も多いと思いますが、雑誌でもお馴染みの吉川メイちゃんがママになりました☆

連絡を貰ったときは、嬉しかったな〜♪

ブログでも発表があったので、この嬉しいお知らせも皆さんへお伝えすることができました。

メイは日本人女性で唯一のアシュタンガヨガの正式指導者でもあります。いつも生き生きとアシュタンガを実践しています。同じくらいにヨガを始めて、お互いにお互いの成長を感じつつ励みにしてきました。いつもメイからは良い刺激を貰っています。


この幸せを是非皆さんもメイのブログから浴びちゃって下さい。
妊娠中のアシュタンガヨガの練習に関してもレポートを書いています。どうぞ、参考にして下さい。
http://www.studiovoice.jp/blog/yoshikawa_mae/2009/03/post-28.html


そーいえば、昨日はケンさんの誕生日でしたな〜
[PR]

# by prema8ryn | 2009-04-01 10:30 | ヨガ

マイソールクラス始めるよ〜♪


木曜のフルプライマリーがマイソールクラスに変わります。


色々とマイソールクラスをやることに対しては、悩みました。
迷ったら進め!でやってみたマイソールクラスのアシスタント。そして、自分でNOという答えを出しました。だけど、ゆくゆくはマイソールクラスをやって伝えていきたいとは考えていました。でも、ずっと先の事と思っていたんですが、やることに決めました。マイソールクラスは誰でも無理なく自分のペースで進んでいける素晴らしいクラスです。

インドのマイソールスタイル、、、、インドの先生から認められていない私がマイソールと名前がついているクラスを行うことに関して、抵抗がなくなったわけではないです。でも、ただ「やりたい!」という自分の心に従ってみたいと思います♪

皆さんと一緒に学び成長してきた私がまた皆さんと共に新しいことに挑戦していきます。
どうぞ、またお力をお貸し下さい。


4/23(木)より16:30フルプライマリー→16:00マイソールクラス

自分の出来る範囲で自分のペースでポーズを練習していくクラスです。

ポーズの順番を覚えている方が望ましいですが、覚えていなくても出てみたい方はお気軽にどうぞ♪わからなくなったら聞いて下さい。

16:00-18:00の二時間になります。17:40くらいになったら、フィニッシングに入りましょう。早く終わった方は、退出していただいてかまいません。

<レッドクラスとの違い>
自分の練習しているポーズまで練習したら、バックベンドに入ります。三回目に自分で起き上がれる人は起き上がります。一人で起きれない人は立って待っていて下さい。起き上がれた人は後ろにドロップバックを三回やった後、立って待っていて下さい。最後は一緒にバックベンドをやります。
バックベンドが終わったら、そのまま座って前屈します。そのままジャンプバックしないで、すぐにショルダースタンドにはいります。


<ポーズの進め方>
ポーズはハーフプライマリーを練習されている方は自分でハーフまで進めて下さい。その後、なれてきたら少しづつポーズを進めていきます。

フルプライマリーまで練習している方は、自分でいつもと同じようにフルプライマリーまで練習して下さい。

次のインターミディエイトシリーズ(セカンドシリーズ)に進みたい方は、インドマイソールにて直接指導を受けて先生から頂くか、パタビジョイス先生に認められた先生の指導のもとで練習されてポーズを貰って下さい。すでにケン先生指導の元インターミディエイトシリーズの練習をされている方は、そのポーズまで練習して下さい。ただし、インターミディエイトシリーズのポーズを私のクラスで進めることはありません。


思いつくことを書きましたが、不安な事、わからないことは聞いて下さい。
4/23からですから、お間違いなく〜お待ちしています♪
[PR]

# by prema8ryn | 2009-03-28 17:02 | ヨガクラスのお知らせ

言葉のまやかし


久々のブログです。
最近はパソコンに向かうことが多く、逆に文章を書く気になれませんでした。

最近、「ヴァガバットギータ」を読み始めました。
ヨガをする上で、「ヨガスートラ」と「ヴァガバットギータ」は読んでおくべき本としてあげられている。でも、今まで読む気になれなくて、、、。

でも、読んでみるととても面白い!
面白いというのは、理解できて物語が面白いというよりも、読んでいなかったこの本の中に書かれていることが、私はヨガのポーズの練習の中で十分に読み取ってきたものがあったからです。もちろん読んでみて、意味のわからないこともありましたが、その文の中から自分の中にある様々な思いとリンクしていきました。一つの文章から練習の中から沸き上がってきた色々思いと重なり合います。
これが「99%の練習1%の理論」というグルジの言葉かと思いました。
そして、まだ理解出来ない部分もきっと、練習の中から教えられることでしょう。

言葉とは不思議なものです。
今読んでいる本にとても共感できる文があったので、ご紹介します。


堅い意志はただひとつの理想に向かう。
決断力のないものは些細なことにとらわれて際限なく放棄する。
分別のないものは聖典の言葉を好んで口にするが、それは本当は正しくない。
彼らは俗世的な欲望を満たして天の報いを得ようとしてる。
彼らは美しい言葉を用いる。
彼らは快楽や権力を得るために特別の祭祀を行う。
しかし実際には人を再生の鎖につなぐカルマの法以外には何も知らない。
このような言葉には分別を奪われた者は快楽や権力に一層強く執着する。
彼らは心の統一を深めることはできず神と一致することはない。


この文はとても普段の私たちの生活とは切り離されている用に感じますか?
悟りを開くような修行の者のみのことばでしょうか?

私はそうは思いません。我々の生活の中で自然と起こっていることです。
わかったようなふりで、専門用語を並べ立て、自分の知識をひけらかしたり、自分の意志を伝えるのに本やことわざ、著名人の言葉で飾り立てたりして、自分を大きく見せたり、宇宙や愛、神、エコ、環境、、、、という言葉で飾りつけをして、とても素晴らしく崇高な行いのように見せたり。

期間限定でイベント的な催しをして、なんとなく繕ったり。
クリスマスやバレンタインもそうかもしれないし、ヨガのWSやダイエットもそうかもしれない。
それも「愛を確かめ合う」とか「集中して勉強」とか「短期間で効果的」とかそんな言葉を使うと様々なことが肯定され、良い行いになる。

イベントが悪いわけではないし、言葉には罪はない。
でも、言葉に踊らされてはいけないと思う。
それに向かう心が大切で結果を得るためのものではない。

そう言ってこうしてブログを書くのもおかしない話だけど。本の言葉を抜粋してるし(笑)
でも、それを読んで感じたことを自分の言葉で語りたいとは思っています。

私達は、いくらでも毎日の生活の中で学びがたくさんあるって思います。ヨガって特別な事じゃない!!サンスクリット語を理解できなくても、ヨガスートラやヴァガバットギータを暗記したり、読み解かなくても私はヨガを学んでいると堂々と言える!と、それをヴァガバットギータが教えてくれました。(ま、読んでおいた方がいいのかもしれませんが〜、読んで暗記すればいいってものではないでしょう)

やっぱ中身!心の内側が大事ですね。
行動の結果が大切じゃなくて、行動する意志が純粋であることの方が素敵♪
ヨガのポーズも一緒!どれだけポーズがとれたかが大事なのではなく、練習そのものが素晴らしいのです。

OM
[PR]

# by prema8ryn | 2009-03-27 12:26 | yogiヘの道

水俣病で世界を癒す

京都から戻ってきました。

最近は新しい刺激がたくさんあり、いろいろと忙しいです。
みなさんとも私の小宇宙で起こっている日々の大爆発を紹介したいのですが、追いつきません(笑)

これは大学の授業で講演された水俣病患者の杉本さんのお話を聞いての感想文です。


<水俣病を癒す>

ご縁があり、水俣病患者の杉本さんのお話を聞く機会をいただきました。それは今まで知っていた水俣病とは全く違ったお話でした。このお話を聞くまでは「水俣病」という名前は知っていても、それに関するいくつかのデータとして頭に刻まれた程度でした。私の知識として頭に残るのみで、心に響くものではありませんでした。多くの人が教科書で学んだ公害としての認識として、頭には残っているはずです。でも、このお話を心で感じて欲しいとお話を聞き、心からそう思いました。それほど、今でも自分へと問いかけ大きな学びとなっております。
杉本さんのお話は、私の知っている教科書で書いてあるものとは、まったく質の違うものでした。私が記憶しているのは、公害としての歴史的背景とデータです。それは机の上での勉強であり、無機質なものです。そこには人の心が見えません。今回のお話は真理であり、哲学です。

杉本さんのお顔を拝見した時、綺麗な人だと思いました。内側から感じられる清らかさとでも言いましょうか、本当に美しいと思いました。水俣病という病気に負けていない、侵されていない人だと思います。学術的にみたら病気となるのでしょうが、汚れのない健康な気だと思いました。最初の印象からお話を聞くにつれ、その意味がわかってきました。

水俣病という病気をも自分の一部として受け入れ、生きているのではないでしょうか。他者を恨んだり、否定したり、呪ったり、そういった心では平穏は得られません。お金を貰ったり、保証を受けたからといって、得られるられるものではありません。そういったものに囚われない強さを、この水俣病と共に勝ち取ったのではないかと思います。その境地に至るまでどのような葛藤があったのでしょうか、、、どれだけ迷い、苦悩し、答えを見いだしたのでしょう。それには、まず自分自身のおかれた状況を把握し、受け入れたからこそ見えた道だったと思います。しかし、それはとても勇気がいることだったと思います。しっかりと目を見開いて感じることは、時にとても辛い作業です。そして、本当の水俣病の原因を見つけ、自分の平穏を見つけられたのだと思います。

水俣の町の中で起こったことは、非常に痛ましいものです。それは同郷のもの同士が、いがみ合い憎しみ合い、被害者になったり加害者になったり、どちらが勝っても負けても幸せになれない状況だったと推測します。本来であれば、助け合い、励まし合う仲間であったはずの者同士で、様々な感情が入り乱れていったことを思うと、本当に悲しいことです。インド古代叙情詩の「バガヴァッド・ギータ」というお話があります。このお話は、親族同士が戦争をするという状況の中での苦悩と葛藤を通して、人の心の真理や哲学を説いています。水俣もまさに同じような状況であったと思います。
杉本さんもおっしゃっていたように、水俣病というのは、単に水銀で身体が不自由になったということではなく、こうした状況すべてのことが水俣病であると思います。原因も水銀やチッソを悪とするのは簡単です。でも、それではそこで終わりです。「何故、それが起こったか?」そこが重要なのだと思います。

これはただの地域の問題ではないのです。すべてに繋がるヒントです。高尾山の問題、チベットの問題、食品問題、世界中に広がる問題を紐解く鍵ではないでしょうか?善と悪に別れ戦っていても、この連鎖は切れません。その問題から逃れてもまた他の問題が生まれます。

杉本さんは「自分のことしか考えないから」とおっしゃっていました。では、それは私たちにはないのでしょうか?誰でも自分の幸せを願います。私は、それを考えると自信を持って答えられません。自分の中にも我が儘で、欲張りな自分がいます。加害者だけでなく被害者の中にもそういう気持ちを持った人がいたかもしれませんし、加害者の中にも心を痛め苦しんだ人もいるでしょう。だからといって許されることとは思いません。しかし、このことから学ぶべきことを誤ってはいけないと思います。何かを罰したり規制したりということだけに囚われ、本当の原因を忘れてはいけません。法律や規制をすることでは、根本な解決にはならないと思います。本当の原因を一人一人が学び、見つけることが救いであると思います。すべて人の心の中に杉本さんのおっしゃる水俣病はあるのだと思います。水俣病を癒す、、、つまり自分を癒すことです。ですから、私たちは自分が満たされるように、内に問いかけなければなりません。自分が満たされ幸せな人は、何も欲しないし、他者のものを奪うことはしません。一人で完璧であるからです。自分が大切であれば、すべてのものを慈しみ大切にするでしょう。それが、私たちがこの地球の生命と共に生きる道であると強く感じます。ですが、私もそう思っていても日々の日常でも自分本位に振る舞っています。だから、まずは気づくこと。感じること。大切なものを思い出すことから始めてみたいと思います。

そんな気長なことをと思うかもしれませんが、時間がいくらかかろうと取り戻さなければならないものです。外枠だけ取り繕っても、すべては人の心が引き起こしたことです。まずは日々の生活の中で自分を大切に育てていくために何をすべきかを考えていきたいと思います。無力な私の小さな一歩ですが、小さな一歩も続けていけば、幸せに繋がっていると思います。私の幸せは、世界の幸せとも繋がっているとも信じています。人間が生きるための地球ではなない。自然への尊敬と敬意を持ち、この地球で生かされている自分を思い出さなければなりません。

私にとってのヨガは生きることそのものです。
[PR]

# by prema8ryn | 2009-03-16 15:16 | yogiヘの道